あたし

K

Author:K
川・ヮ・)
aka_sleep_anyone★hotmail.co.jp

ひとりごと

こえ

まとめ

まとめた

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/04 (Sat) 21:08
ふぁいなる かうんとだうん

さらば

でんおう

ふぁいなる かうんとだうん




>赤の主食はヤムイモだった気がする
どっちかというとタロイモじゃよ
どんな味かわかんないけど

さてさて観てきました

さらば! 仮面ライダー電王! ファイナルカウントダウン!

いや~ファイナルというだけあって長蛇の列!

これみーんな電王ですよ? 信じられます?

ちびっ子ばっかりじゃんか・・・

なんだここはパラディセか

大きめの映画館だからさすがに人が多いのだわ~

シアターに入る前になんとなんと

イマジンマグネットをもらちゃったのだ!

年齢問わず全員にくれるなんて嬉しいね~

誰のマグネットかな~と空けてみると

わーい! ウラ様だ!

最後の最後でウラ様の当たったどー!

「有るよ チャイルドシート。」

おぉ~ なんか親切な言葉なのだ

でもまだアタシ子供いないのだ

そのうち産むから待っててちょ

中段ド真ん中という特等席ゲット!

でもさすがに満員でぎゅうぎゅう詰め状態

右隣はカポーで左隣は30半ばのお兄さん

まぁ、映画を見に来たわけだから・・・別にいいのだ

というわけで今回もまた東映チェックギリギリの

感想タイムなのだ 感想自体は一番最後に書いてあるから

反転して見てね!

まだ映画見てない人は映画館で見てから読んでほしいです

っていうかまぁ見たら読む必要はないけどね

問題があったら即削除

ではでは めっちゃ長いけどどうぞ~


イマジンあにめ モモタロスよ永遠に

何この可愛い
さらばとか完結編とかって言ってるけど
大抵その後も続編は作られるものなんだよね~
とぼやくウラ様
別にずっと続いたっていいじゃんかとモモ山
そうだ!そうだ!
果たしてそうだろうか・・・
フランダースの犬2、マッチ売りの少女の逆襲
・・・うん すぱっと終わった方がいいわ
チャンチャン


劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン

深夜の街中を走る不気味な髑髏の列車・・・
青白く透き通って実体がない車体でどこからともなく現れて
人を脅かしてはスゥ~と消えてしまう・・・
まさに幽霊列車なのだ

モモ山達イマジンズとコハナちゃんは久しぶりに2008年に
やってきたのだ コハナちゃん髪型かわいいね
久しぶりに良ちゃんに会いに行こうってことでブラブラ散歩中
キンさん「土産でも買うてくか~」
モモ山「ハナクソ女、お土産買うから金よこせ」
コハナクソキック! 金的吹いた
和やかムードの5人に突然寒気が・・・ゾゾゾッ
すると5人の目の前に噂の幽霊列車が登場
下車してきたのは2体の不気味なイマジン
シャドウイマジン(杉田智和)とファントムイマジン(竹若拓磨)
そしてあとから現れた謎の人影・・・ ベルト持ってるよ
変身の掛け声とともに謎の人影はライダーへと変身する
仮面ライダー幽汽 スカルフォームか~
幽汽と2体のイマジンの襲撃にあうモモ山達
わけもわからず と、とにかく戦うしかないのよ!
なかなか手ごわい三人組み
イマジンの方はどうでも、幽汽の方がかなりつおい
そんな幽汽からモモ山は良ちゃんの気配を感じ取る
・・・まさか良ちゃん!? 金髪だ!
特異点は先に頂いたとな・・・
特異点だとわかってて良ちゃんを狙ってたのか~
正体が良ちゃんだと知って迂闊に攻撃できない4人
ジリジリと追い詰められていく
そこに助っ人が登場 ゼロフォームゼロノス!!
ユウちゃんだ~ お母さんはデネビックバスター状態
しかし不意を突かれて幽汽の大技をもらっちゃった
その際にコハナちゃんを庇ったユウちゃんは
背中に大怪我を負ってしまう ・・・ゼロノス戦闘不能!!
今度こそ大ピンチだ~と思いきや・・・
空高くから青いデンライナーが飛来 降りてきたのは電王に似た
青いライダーとお供のイマジン
仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム
・・・って言う名前らしい
お供のイマジンはネオタロス・テディ
おおー! 小野Dだ! お母さん以上に礼儀正しいわ~
新電王の呼び声でテディは剣に変身 マチェーテディ!
テディが新電王に「カウントは?」と問いかけると
杉田イマジンを見つめる新電王
「まず10・・・いや、8でいいや」
8秒で倒すって言う宣告なのかな?
テディのカウントスタート同時に杉田イマジンに飛び掛る新電王
軽やかな身のこなしと華麗な剣術でジャスト8秒で撃破
さてとお次は・・・というところでイマジンと幽汽は幽霊列車に
退散 モモ山が誰だーと問いかけると、変身を解いて
「野上幸太郎」と自己紹介 あら かわいい
ん?野上・・・? 良ちゃんと同じだ
自分を新しい電王だと言い張る幸太郎なる人物
「おじさん達の時代は終わったの」
「オイ、クマ! おじさんって言われてるぞ」
「テディベア・・・かぶっとるがな」

場所をNEWデンライナーに移して改めてオーナーから紹介
ななななんと、幸太郎ちゃんは良ちゃんの孫だったのだー!
そしてこれまでのいきさつを説明するオーナー
ターミナルの駅長から死郎という大変危険な男が動き出したよ~
との連絡が入って、その男の計画を阻止すべく電王・ゼロノスに
次ぐ第三の戦士を招こうと未来から良ちゃんの孫・幸ちゃんを
連れてきたってわけなんだけど、先に死郎に良ちゃんを拉致
されちゃって予定と違っちゃったってわけなのだ
「あっさり捕まりすぎ ホントに弱かったんだね ジイちゃん」
モモ山ムキムキ
そして例の列車は死者の世界を行き来する幽霊列車で、
デンライナー同様に時を超えた移動も可能なんだってさ~

一方の幽霊列車では・・・
不気味は風貌の男 これが死郎かぁ~
そして座席の窓際には悲しそうな顔をした女の人が・・・
ソラっていう人らしい
死郎は敗走したイマジン2体を叱って退室させる
良ちゃんに憑依していたゴーストイマジン(神谷浩史)は
変身を解いて良ちゃんを解放する 体を酷使された良ちゃんは
ヘロヘロ そして死郎の口から語られる計画・・・
「生と死の時間をひっくり返す」
死んだ人間が生き返り、生きている人間が死ぬというとんで
もない計画なのだ 死郎はその計画に特異点である良ちゃんを
何らかの形で利用しようとしてる
なんとかしてモモ山達に伝えないと・・・

デンライナーでは幸ちゃんがおじいちゃんを扱き下ろし中
弱いだの 鈍いだの センス0だの 後者は・・・うん
その点俺は強いし、運動神経もいいぜで自信満々
挙句、良ちゃんのイメージ体でもあるモモ山までバカにされて
モモ山ムキムキ!!
「お前もその天丼とかいうダサい名前付けてんじゃねぇか!」
や、テディだよ どうしたらそんな聞き間違えするのさ?
リュウちゃん「バッカじゃないの?」 ガン見で吹いた
それにしても良ちゃんとは似ても似つかない性格だすね
ホントに良ちゃんの孫なんかーい?

ミルクディッパー
昨日から姿を見せない良ちゃんを心配する愛理さん
尾崎さんと三浦さんもでたー! 尾崎さん髪きった?
相変わらずのモテモテっぷり
うん、こっちはとりあえず平和そうでよかったです

幽霊列車が時の世界に入ってきたのをデンライナーがキャッチ
良ちゃんを助けようと意気揚々の4人だけど幸ちゃんに
止められる 一人でいくって、大丈夫?
ナオミちゃんは幸ちゃんに良ちゃんのことを嫌いなの?
って聞いてみる
嫌いじゃないけどちょっとした恨みがあるらしい・・・
生意気な態度にモモ山またムキムキ
幸ちゃんはコックピットで変身
<<ストライクフォーム>> 変身待機音吹いた 明るいなぁ
テディ剣を背中に背負っていざ出陣! ってデンバードで
行っちゃった! デンライナー停車・・・
マジで置いてけぼりだこれー!
時空の世界では実体化するのね 幽霊列車
列車の動きを止めるべく、新電王は列車めがけてテディ剣の
銃撃を放つ 車体に命中 そしてお互いに下車
スカルフォーム幽汽とファントムイマジン
「幸太郎、カウントは?」「・・・10」
ファントムイマジンを10秒で撃破宣告 カウントスタート!
10秒間の間に三連撃を叩き込みあっさり撃破
ん~確かにつおい・・・
残るは幽汽のみ カウントの前に良ちゃんを解放しなくちゃ
置いてけぼりのデンライナー このままじっとはしてられない
5人はコックピットにいってみると な、なんと・・・
オーナーが漕いでる・・・ 自転車漕いでる・・・
めっちゃ漕いでる・・・
・・・ってしかも動いた! デンライナー再発進
オーナーSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
格闘センスで圧倒する新電王、幽汽を追い詰める
だけども、もうちょっとのところで死郎に邪魔されちゃった
しぶしぶ出てきた感じだねぇ・・・
新電王vs死郎 「カウントは?」「13秒だ!」
カウントスタート! 死郎に突っ込む新電王
しかし死郎のコマ攻撃で出鼻をくじかれてしまった
さらに追撃のコマが直撃 幸ちゃんは変身を解除されてしまう
ジャスト13秒・・・ 逆にのされてしまった・・・
そしてお返しとばかりに幽汽が幸ちゃんに向けて
トドメの刃を振り下ろす ぬぉー!万事休すー!!
と思いきや寸止め・・・ 幽汽の様子がおかしいのだ
良ちゃんが内側から止めてたのだ すごいわぁ・・・
イマジンの抑圧に必死に抵抗しておるのじゃ
遅れてデンライナーが到着
ウラ様とキンさんとリュウちゃんが幸ちゃんとテディを介抱する
モモ山は幽汽から良ちゃんを助け出そうとするけど、良ちゃんは
幽汽の動きを止めるので精一杯
モモ山にある伝言を託す しかし死郎の攻撃で周囲は爆発に
包まれる 両者互いに退散

デンライナーに運ばれる幸ちゃんとテディ
ビッグマウスだった手前、さすがに落ち込み気味の幸ちゃん
テディも申し訳なさそうなのだ
そんな二人になにも言わず今後の作戦を練り直すモモ山達
ひとっ風呂浴びてきたオーナー デンライナーに投げ込まれた
チケットを拾って持ってきてくれた
さすが良ちゃん 手際がいい
普通のチケットと違う白黒なチケット 記された時刻は
1729年5月23日 江戸時代じゃん
この時代に死郎の計画が関係してるっぽいね
そして良ちゃんから託された伝言 「ぞうを守れ」
ぞう? ぞうって何? ちょっとモモ山ちゃんと聞いてたの?

病床のユウちゃん 傷はまだ痛むみたいだね~
目を覚ますとお母さんが看病中
デンライナーはオーナーの特別許可で300年ほど前の過去へ
飛んで 5月23日を迎える前の日で「ぞう」についての情報を
収集することになったらしい
看病するお母さんにお前も一緒に行ってこいと命令するユウちゃん
怪我に苦しむユウちゃんを気遣うお母さんだけど
「ヤツらをこの時代に手出しさせるな ・・・俺達が守った時代だ」
というユウちゃんの言葉に後押しされて、お母さんも
300年前にゴー!

・・・幽霊列車
良ちゃんが死郎に痛めつけられておる! 何すんじゃー!!
ソラを悲しませるなとな・・・ 計画はこのソラのためなのかな?
ソラと死郎 一体どういう関係なんだろう?

デンライナーは1729年の5月21日に到着
ナオミちゃんの引率でしばらく身を隠す長屋に案内される七人
ん? 誰かいるど? って王子だー!! 何くつろいでんのさ!!
さぁ帰ろ帰ろ吹いた いじめんなやっと出番きた王子いじめんな
狭い長屋で一夜を過ごしたモモ山達 むさくるしいわぁ~
周囲の人からの不審の眼差しが向けられる・・・
するとそこにお母さんがやってきた 少し遅れて駆けつけたのだ
もう来るな的な流れ吹いた 長屋はもう満員なのだ!
お母さんの人柄(?)の良さが幸いして、周囲の人からは
ちょっと変わった外国人ってことで一段落 いいのそれで!?
差し入れまで貰ってて吹く
とはいえ情報収集には向いてない風貌だね~
いくらその時代の服装でも目立ちすぎよ君達
ここは幸ちゃんの姿を借りることに
幸ちゃんにウラ様が憑依してウラ幸ちゃんに変身~
うん、充分目立ってる・・・
町に繰り出して「ぞう」についての情報収集
得意の話術で町娘オンリーに聞き込み中
まぁ、わかってはいたけどね~ コハナ&モモ山「・・・」

テディと将棋を興じるキンさん
先日の幸ちゃんの非礼を詫びるテディ 律儀だなぁ
自分が一番よくわかってるだろうから、あえて声を
かけなかったのだ
イマジンなりに気を遣ってくれたのよ みんな
そこにリュウちゃんが急いで飛び込んできた 盤上メチャメチャ
なんと愛理さんそっくりの人がこの時代にもいたらしい
ほんとだわ~ 似てるわ~ 傘作ってるし
わ、尾崎さんと三浦さんのそっくりさんもおる
現代と同じやりとりしてるわ~ どこかで見た光景・・・
珍しいもの見たさに後から覗くキンさん達
そして尾崎さんの会話から「ぞう」の正体が明らかに

長屋に全員集合 窮屈そう・・・
ウラ様の聞き込み情報をあわせてみると「ぞう」っていうのは
この町にやってくる象の行列の事を言ってるらしい
コハナちゃんもオーナーに確認してみたところ翌日に象の行列が
町にやってくる出来事が起こってるらしい
死郎の狙いはこの象なのか・・・ なんで象なのか・・・
象に関係した何かじゃないのか・・・
モモ山が聞いた話だからね~ 聞き間違いって言うのも・・・
ほーらまたケンカはじまった なぜか王子がいじめられてるし
落ち込みモードの幸ちゃん 外の空気を吸ってくると言って
長屋を出てった

幽霊列車車内・・・ 死郎の姿が見えない
ソラと良ちゃんの二人きり ギギギ
こっそり逃げようとする良ちゃん でもソラに無駄だと
止められてしまう 死郎がすぐ側にいるらしい
ここはまだおとなしくしてるしかないね
ソラがなんか泣いてる・・・

幸ちゃんは滝つぼにぶらり 流木を拾って素振りをやりはじめる
上手だなぁ~ ブンブンブンブン
そんな様子を後から見つめるモモ山
気になって追っかけてきたのね
素振りをしてる幸ちゃんが、昔の良ちゃんの特訓とダブるモモ山
なんだかジーンとくるシーンだわ・・・
モモ山は幸ちゃんに歩みよって言葉をかける
困難にぶつかっても、逃げ出さずにつおくなろうと精進する姿が
良ちゃんにそっくりだって 心の強さは確実に受け継がれてるね
本当の強さはそういうことをモモ山達は言ってたのじゃよ
どんな逆境でも決してめげないのが良ちゃんなのだ
二人のわずかな心の会話を静観するテディ よかったね~

そしてそんな良ちゃんはソラと会話
一度は人間として生きていたこともあった・・・ってことは
死んでるってことかな? やっぱり
自分の事が悲しくて泣いてるわけじゃなくて、計画に暴走する
死郎の姿を見るのが悲しかったんだね~
ソラは死郎を止められるかと良ちゃんに問いかける
「自分がダメでも仲間が必ず止めてくれる」と良ちゃんが返す
ずっとそういう戦いをしてきたからね 鋼の信頼関係なのだ

その夜、死郎はついに計画を実行するべく山賊を集めた
生と死をひっくり返すべく、町のみんなを一人残らず
皆殺しにするという恐ろしい計画・・・
偶然、場に居合わせたテディはその計画を盗み聞き!
しかし死郎に見つかってしまい・・・
結局、計画の糸口がつかめない長屋は就寝モード
ウラ様コハナちゃんと添寝
・・・っておぉい!! 何してるの!? コハナちゃん逃げてー!
そこに傷だらけのテディが転がり込んできた!
死郎と山賊の猛攻から命からがら逃げてきたのだ
テディの情報からやっと死郎の計画が明らかになった
明日の象の見物客を含めた町の住民を皆殺しにするという計画
象を守れってそういうことだったのか!!
| 0M0)<ヤハリソウイウコトカ
テディにかけよる幸ちゃん
気絶してるだけだからひとまず大丈夫じゃよ
テディの頑張りを無駄にはできない 明朝は徹底抗戦の構えの
モモ山達 リュウちゃんも愛理さん似の人を守るべくやる気満々
俺も戦うと幸ちゃんは立ち上がるが、テディがいないと返って
足手まといになると諌められる テディの看病に専念するのじゃ
幸ちゃんがこれから時代を築いて行くなら、これがモモ山達の
正真正銘、最後のクライマックスだ!! ということで
チームデンライナー 出陣なのだ!

翌朝早々、町に火の矢が放たれる
モモ山、ウラ様、キンさん、リュウちゃん、お母さんは
それぞれ火の矢を弾き返す 山賊達が町に進入
「よぉ! 朝っぱらから物騒だな!」
迎え撃つチームデンライナー あれ?王子は?
軍勢の中に幽汽がいる 山賊達は幽汽が指揮してるみたい
町の人を守りつつ、幽汽と山賊をやっつけるのだ!
リュウちゃんの問答無用のガンショットで大混戦スタート!

げぇ!山賊つおい! ホントに人間なのか!?
山賊のリーダーらしき女の人 すんげーくつおい
やりづらそうなモモ山 女リーダーはウラ様にバトンタッチ
リュウちゃんは町のちびっ子を守りつつ戦闘
家に突っ込んだり、色々壊したりもうみんな大暴れ
そんな中でも一際パワフルな戦い方をしてるキンさん
銃落っことしたリュウちゃんをフォローしつつ戦ってる
キンさんめっちゃつおいからね~ こういう戦闘だと
ウラ様も女山賊と戦闘中 華麗に相手の攻撃を捌き
顔への攻撃は避けてみぞおちに一撃
「今度は釣られてみてね」 ん~! フェミニストだわ・・・

リュウちゃんがピンチ! 相手は幽汽
モモ山が加勢してリュウちゃんが後へ回りこむ
リュウちゃんが幽汽を後から捕まえて、モモ山チャンス!
と思ったら幽汽は変身を解除! 良ちゃんの憑依体を
目にしたモモ山は寸前で攻撃を止める
「どうした?戦わないのか?」
ぐぬぬ、生身の良ちゃんじゃ手が出せない!
再び変身してモモ山に攻撃を仕掛ける幽汽
このままじゃラチがあかない とにかく良ちゃんに呼びかけて
中の良ちゃんをひっぱり出すしかない!!
モモ山は幽汽に食い下がって必死に良ちゃんに呼びかける
でも幽汽の攻撃は止まらない!! 攻撃を立て続けに受けて
立つのもやっとの状態のモモ山・・・ それでも必死に声をかける
がんばれ! モモ山! がんばれ!
しかし、無情にも幽汽の凶刃がモモ山の胸を切り裂く!
せんぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁいっ!!
桃の字ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!!
モモ山の体からこぼれ落ちる砂・・・ 次第に砂へと変わってゆく
ああああああああああああああああああああああああああ!!!
そんなモモ山ああああああああああああああああああああ!!!
今にも倒れそうなモモ山 その時、幽汽がモモ山の手を掴んだ
「させないよ 絶対に!」
モモ山の呼びかけに良ちゃんがついに目覚めたのだ!!
この期を待ってたかのようにモモ山が光の球体になって
良ちゃんに憑依!
幽汽の変身が解けてゴーストイマジンを追い出した!
「俺!参上!!」 おおー!!モモ良ちゃんだ! わーい!
全員集合! こうなればもうこっちのものよ!
「今から本当の変身ってのを見せてやる!」
モモ、ウラ、キン、リュウ クライマックスフォーム!
久しぶりのてんこ盛り! 一発ビシっとやっちゃいなよYOU!
俺の必殺技・クライマックスバージョン!!
一撃でゴーストイマジンを撃破! ふつーにやれば敵じゃないのよ

ゴーストイマジンが手放した幽汽のライダーパス
それを死郎がキャッチ いよいよボスの登場
死郎はベルトを装着して幽汽に変身
<<ハイジャックフォーム>>
幽汽・ハイジャックフォーム スカルフォームと酷似した
死郎の変身体 死郎は無数のコマを回し、そのコマを
イマジンへと変化させる あっという間にイマジンの大群が・・・
そしてコマ爆弾雨あられで電王は変身を解除してしまう
圧倒的な軍勢 数に頼ってきたかぁ~
するとそこへデンライナーとゼロライナーが到着
コハナちゃんとユウちゃんが降りてきた
おおー! ユウちゃん復活!
そしてコハナちゃんはオーナーから特別にたくさんの
ライダーパスを借りてきた これをモモ山達全員に配布
どこからともなく王子もやってきてパスを要求
っていうか王子どこにいたの!? さぼってたの!?
「姫のために、変身!」<<ウイングフォーム>>
「降臨!満を持して!」
遅れて良ちゃん、ユウちゃん、モモ山達も変身!
「「「「「「変身」」」」」」
モ「俺!参上!」
ウ「お前達、僕に釣られてみる?」
キ「俺の強さにお前が泣いた!」
リ「お前達倒すけどいいよね? 答えは聞いてない!」
侑「最初に言っておく! 俺はかーなーり強い!」
ジ「私はもう言った」 吹いた
ソード、ロッド、アックス、ガン、ウイング、ゼロゼロ、ライナー
七人ライダー 全員集合!
戦いは量より質だってことを教えてやるのだ!
ゴー!チームデンライナー!

町の戦いの比じゃない大混戦
それぞれ無数のイマジンを相手に戦っていく
ウイングフォームつおいなぁ~
これだけ戦ってるの 初めてみるわ~
モモ山と良ちゃんは共闘で幽汽とバトル
二人がかりでもかなりつおい幽汽
モモ山が隙を作り、良ちゃんが攻撃していく!
すごい!押してる押してる!
幽汽はたまらず馬に乗り込み、その場を離れる
同じく馬に乗って後を追う良ちゃんとモモ山
落馬する良ちゃん吹いた
しかし幽汽の騎乗攻撃で二人とも落馬してしまう
ソラが悲しんでいるのに、のうのう生きている人間が憎いと
怒り狂う死郎 良ちゃんはソラは死んだことが悲しくて
泣いてるんじゃないと幽汽を説得
少し動揺を見せるものの、さらに怒り狂う幽汽
モモ山と良ちゃんに向かってくる
するとそこに幸ちゃんが駆けつける
テディを幽汽に投げつけ、幽汽を馬から降ろした
もうカウントは必要ない! ゼロからカウントが始まるんだ!
変身! <<ストライクフォーム>>
うふふ、吹っ切れたようだね
新旧電王そろい踏み 力を合わせて3人で戦おう!

<<フルチャージ>> 回転ダイナミックチョップ!
<<フルチャージ>> ワイルドショット&バスターノヴァ!
リュウちゃんとユウちゃんとは珍しい組み合わせなのだ
<<フルチャージ>> ソリッドアタック!
<<フルチャージ>> ロイヤルスマッシュ!
それぞれ必殺技を繰り出しイマジン軍団をやっつけた!
残るは死郎の幽汽のみ!
良ちゃんとモモ山が幽汽の動きを止める!!
<<フルチャージ>> 助走して幸ちゃんが飛び上がる
<<フルチャージ>> <<フルチャージ>>
良ちゃんとモモ山がガッシャーにエネルギーを送り込んで
電車斬り&俺の必殺技が幽汽に炸裂!!
続いて新電王の必殺技・ストライクスパートが幽汽に直撃!!
幽汽のライダースーツはバラバラに壊れ、死郎が倒れこむ
やった! 幽汽に勝ったぞ!!

倒れる死郎を膝に抱くソラ
ソラと死郎はずっと昔に恋仲にあって、先立たれてしまったソラの
魂を幽霊列車に留めたまま400年も死者の世界をさまよってた
らしい 死郎の計画はソラを生き返らせるのためのものだっ
たんだけど、ソラは成仏して安らかに眠りたいと思ってたんだね~
死郎が力尽き、幽霊列車が二人を迎えにやってきた
ソラと死郎を乗せた幽霊列車は死者の世界へと帰っていった
無事解決したけど、なんともやりきれない戦いなのだ
二人共 安らかにのう

町に象がやってきた! 驚く町の住民
・・・ってこれデンライナーじゃん!
さっきのバトルで象が逃げちゃったから、象と偽って
デンライナーをお披露目中 いいのそれで!?
・・・でもなんかみんな喜んでるから良しかな?
住民の中から愛理さんそっくりの女性をみつけたリュウちゃん
なんだか編み笠の男の人といい感じになってるね
実はこの女の人は良ちゃんの遠い遠いご先祖様で
死郎の目的は特異点である良ちゃんでその特異点のルーツを
消させて、それによって生じる時空的な混乱による生と死の
世界の逆転を狙ってたんだね ・・・難しいことするね
ここから始まって、今の良ちゃんがあって、未来の幸ちゃんへと
時がつながってゆく
改めて顔を合わせる良ちゃんと幸ちゃん
お互いに照れくさそうなのだ うふふ
そういえば幸ちゃんは良ちゃんに恨みがあったんだよね?
その恨みっていうのは「幸太郎」っていう名前らしい
未来の世界ではかなり古いセンスのネーミングらしい
えー いい名前じゃん!
2008年でいえば「田吾作」と同じくらいの名前とテディ
一同大爆笑 こ れ は ひ ど い
申し訳なさそうに良ちゃんはその名前をつけないようにすると約束
でも、もう気に入ってるからいいや! だってさ

デンライナーが幸ちゃんの住む時代に到着 いよいよお別れ
向かい合う良ちゃんと幸ちゃん
幸ちゃんがいるってことは良ちゃんの時間が確実に
未来へと繋がってる証拠 この事に良ちゃんは安心した様子
そしてすでに新しい時が動き出してるのじゃよ
下車する幸ちゃんとテディ
デンライナーは2008年へと帰っていった
二人が降りた場所に一人の老人のうしろ姿が・・・
「ただいまジイちゃん! ・・・それから、ありがとね!」


いや~・・・電王最終作
非常に面白うございました・・・
これで本当に終わりなんだな~って思うと
やっぱり寂しいものです
放送を終えて尚、ここまで盛り上がった仮面ライダーっていうのも
大変珍しいと思います
2007年に始まって2008年の今日まで楽しい時間を与えて
くれた電王という作品に感謝の気持ちでいっぱいです

ありがとう電王
そして、さらば! 仮面ライダー電王!
スポンサーサイト

<< ひだん | ホーム | こうあつでんりゅう >>

コメント

見たいけど行く機会が無い!
何だか、映画館を一人で行く事が出来ない臆病者なのです
何に怯えてるかは分かりませんが

い~な~い~な~
映画で特典やらグッズやらを貰ったり買ったりしたことがない!
DVD付パンフ?とか、即売り切れだし…というか行くのが遅いだけ?

い~な~映画いいな~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。